ホーム ご案内 院長・スタッフ アクセス リンク
ホーム内科禁煙外来
診療内容
内科
消化器内科
心療内科
健康診断
予防接種
その他の診療
禁煙外来
頭痛外来
もの忘れ外来
カウンセリング

内科・消化器内科・心療内科

平日 9:00~12:00 15:00~18:00
土曜日 9:00~12:00
休診日 木曜日・日曜日・祝日

診療内容・診療時間

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4-7-1 2階G
TEL 045-641-0550
FAX 045-641-0556

アクセス

QRコード

禁煙外来

禁煙治療は保険診療です。治療期間は12週間が基本です。初診の方は木曜日以外の診察日にご来院ください。

ニコチン依存症
禁煙は、まだまだ・・・と考えていませんか?喫煙習慣は意思の弱さではなく、ほとんどの方が「ニコチン依存症」です。「ニコチン依存症」は医師・医療スタッフと治療していく方法が、確実で楽です。少しずつタバコの本数を減らすということは、健康上のメリットはあまりありません。「ニコチン依存症」は完全に治療を終了することを目標とします。
治療の流れ
保険診療で禁煙が出来ます。禁煙治療では、12週間で5回の診察が必要になります。はじめに喫煙状況などから問診をもとに治療が受けられるかをチェックします。毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定します。看護師や薬剤師が問診や禁煙に関するアドバイスを担当します。
治療薬
チャンピックスは禁煙のための飲み薬です。最初の1週間は喫煙しながらチャンピックスを飲みます。チャンピックスは、計12週間(約3ケ月)服用します。これで禁煙終了です。
禁煙をする理由
非喫煙者に比べると喫煙者は肺がんを発症する割合が4~5倍にもなります。がん、心疾患、脳卒中、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などさまざまな疾患の発症リスクとなります。喫煙の血管や内臓に対する悪影響は非常に大きいのです。また、有害物質は喫煙者が吸い込む煙よりも、たばこの先から出ている煙のほうに多く含まれています。非喫煙者でも、このたばこの煙を吸い込むこと(受動喫煙)によって、健康への害が生じます。ご自身はもちろんですが、ご家族や周囲の人のためにも、禁煙しましょう。
禁煙外来の価格
併用薬剤や、必要な検査などにより異なりますが、薬剤費入れても2万円弱で禁煙できます。保険診療が適応されます。
参考サイト
すぐ禁煙.jp(禁煙外来)
禁煙のことが詳しく掲載されています。
ページトップ