ホーム ご案内 院長・スタッフ アクセス リンク
ホーム内科頭痛外来
診療内容
内科
消化器内科
心療内科
健康診断
予防接種
その他の診療
禁煙外来
頭痛外来
もの忘れ外来
カウンセリング

内科・消化器内科・心療内科

平日 9:00~12:00 15:00~18:00
土曜日 9:00~12:00
休診日 木曜日・日曜日・祝日

診療内容・診療時間

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4-7-1 2階G
TEL 045-641-0550
FAX 045-641-0556

アクセス

QRコード

頭痛外来

頭痛は、誰もが経験したことがある一般的な疾患です。代表的な頭痛には、片頭痛・緊張型頭痛・群発性頭痛があります。片頭痛は、片側性、拍動性(ズキンズキン痛む)の頭痛で、悪心、嘔吐を伴うことがあり、日常生活に支障をきたします。緊張型頭痛は、筋肉由来、ストレスなど原因は様々です。生活には支障をきたしませんが、毎日起こることが特徴です。群発性頭痛は、若い男性に多い頭痛です。経験したことのない激しい頭痛は、くも膜下出血などの疾患も否定できませんので、医師の診断を受けてください。

病気についての説明
片頭痛
片頭痛は20歳くらいまでに現れることが多く、60歳を過ぎると軽減します。発作性の頭痛で、前兆のある片頭痛と前兆のない片頭痛があります。前兆は、目がちかちかする、視野が狭くなる、音に敏感になる、臭いが気になるなど人によりさまざまです。前兆のない片頭痛は、首の張り、あくびなどの症状が現れます。頭痛は拍動性で左右差があります。発作中には、悪心、嘔吐を伴い、光、音、臭い、振動などの刺激により悪化します。発作は、2~3日で止まります。頭痛の頻度は、2~4回/月です。個人差が多く、年代とともに増加します。
緊張型頭痛
緊張型頭痛は両側性の痛みで、拍動性ではありません。肩こり、首の痛みがおこり、ストレスも関わっています。日常生活の動作により、悪化することはありません。
群発性頭痛
群発性頭痛は明け方、ほぼ決まった時刻に起こる激しい頭痛で、起こり方が群発地震に似ているためにこの様に呼ばれています。激しい痛みは1~2時間続き、その後自然に治ります。しかし、睡眠中に起こる激しい痛みのため、睡眠自体に恐怖を感じる方もいます。症状は、片側の目の奥にキリでえぐられたような痛みと表現される激しいものです。痛む側で涙が出たり、目の充血、瞼の張れ、鼻水、鼻づまりの症状があります。片頭痛が女性に多いのに対し、群発頭痛は20~30代の男性に多いのが特徴です。
参考サイト
頭痛OnLine
頭痛の種類や症状が詳しく掲載されています。
ページトップ