ホーム ご案内 院長・スタッフ アクセス リンク
ホーム心療内科摂食障害
診療内容
内科
消化器内科
心療内科
健康診断
予防接種
その他の診療
禁煙外来
頭痛外来
もの忘れ外来
カウンセリング

内科・消化器内科・心療内科

平日 9:00~12:00 15:00~18:00
土曜日 9:00~12:00
休診日 木曜日・日曜日・祝日

診療内容・診療時間

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4-7-1 2階G
TEL 045-641-0550
FAX 045-641-0556

アクセス

QRコード

摂食障害

Eating Disoders

<神経性無食欲症>

  1. 年齢と身長に対する正常体重の最低限、またはそれ以上を維持することの拒否(例:期待される体重の85%以下の体重が続くような体重減少;または成長期間中に期待される体重増加がなく、期待される体重の85%以下になる)
  2. 体重が不足している場合でも、体重が増えること、または肥満することに対する強い恐怖
  3. 自分の体重または体形の感じ方の障害、自己評価に対する体重や体型の過剰な影響、または現在の低体重の重大さの否認
  4. 初潮後の女性の場合は、無月経、すなわち月経周期が連続して少なくとも3回欠如する(エストロゲンなどのホルモン投与後にのみ月経が起きている場合、その)女性は無月経とみなされる


<神経性大食症>

  1. むちゃ食いのエピソードの繰り返し、むちゃ食いのエピソードは以下の2つによって特徴づけられる。
    1. 他とはっきり区別できる時間帯に(1日の何時でも2時間以内)、ほとんどの人が同じような時間に同じような環境で食べる量よりも明らかに多い食物を食べること
    2. そのエピソードの期間では、食べることを制御できないという感覚(例:食べるのをやめることができない、または何を、またはどれほど多く、食べているかを制御できないという感じ)
  2. 体重の増加を防ぐために不適切な代償行動を繰り返す、たとえば自己誘発性嘔吐;下剤、利尿剤、浣腸、またはその他の薬剤の誤った使用;または過剰な運動
  3. むちゃ食いおよび不適切な代償行動はともに、平均して、少なくとも3ヶ月間にわたって週2回起こっている。
  4. 自己評価は、体型および体重の影響を過剰に受けている。
  5. 障害は、神経性無食欲症のエピソード期間中にのみ起こるものではない。
ページトップ