ホーム ご案内 院長・スタッフ アクセス リンク
ホーム心療内科統合失調症
診療内容
内科
消化器内科
心療内科
健康診断
予防接種
その他の診療
禁煙外来
頭痛外来
もの忘れ外来
カウンセリング

内科・消化器内科・心療内科

平日 9:00~12:00 15:00~18:00
土曜日 9:00~12:00
休診日 木曜日・日曜日・祝日

診療内容・診療時間

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4-7-1 2階G
TEL 045-641-0550
FAX 045-641-0556

アクセス

QRコード

統合失調症

Schizophrenia

  1. 特徴的症状:以下のうち2つ(またはそれ以上)、おのおのは、1ヵ月の期間(治療が成功した場合はより短い)ほとんどいつも存在:
    1. 妄想
    2. 幻覚
    3. まとまりのない会話(例:頻繁な脱線または滅裂)
    4. ひどくまとまりのないまたは緊張病性の行動
    5. 陰性症状、すなわち感情の平板化、思考の貧困、または意欲の欠如
    注:妄想が奇異なものであったり、幻聴がその者の行動や思考を逐一説明するか、または2つ以上の声が互いに会話しているものであるときには、基準Aの症状を1つ満たすだけでよい。
  2. 社会的または職業的機能の低下:障害の始まり以降の期間の大部分で、仕事、対人関係、自己管理などの面で1つ以上の機能が病前に獲得していた水準より著しく低下している(または、小児期や青年期の発症の場合、期待される対人的、学業的、職業的水準にまで達しない)。
  3. 期間:障害の持続的な徴候が少なくとも6ヵ月間存在する。この6ヵ月間の期間には、基準Aを満たす各症状(すなわち、活動期の症状)は少なくとも1ヵ月(または、治療が成功した場合はより短い)存在しなければならないが、前駆期または残遺期の症状の存在する期間を含んでもよい。これらの前駆期または残遺期の期間では、障害の徴候は陰性症状のみか、もしくは基準Aにあげられた症状の2つまたはそれ以上が弱められた形(例:風変わりな信念、異常な知覚体験)で表されることがある。
ページトップ